※表示崩れ防止のためブラウザ表示でご覧になることを推奨します。

東京理科大学工学部建築学科・高橋治研究室の特設ホームページです。

教授・経営者・建築家・発明家の顔を持ちながら、若者たちへ未来を託すため日々教壇に立ちます。最近では、オイルダンパー・三次元免震だけでなくカーボン・αゲル・ポリウレア・アラミド繊維などの新素材を用いた建築設計の研究をしています。

様々な共同研究や新製品の開発・実験、メディア出演まで幅広い活動をしております。

ハイライト
国際大会・学会
開発・研究実績

開発・実験した製品はサイエンス構造まで

お問合せ先
03-6280-7717
info@sciencekozo.com


共同研究企業とのマッチングはNISCAまで
(非会員は紹介料金が発生いたします)

お問合せ先
03-5876-4848
info@nisca-2019.jp


プロジェクト一覧
荒屋鉱泉耐震改修プロジェクトチーム
東京理科大学工学部建築学科高橋研究室荒屋鉱泉耐震改修プロジェクトチーム

明治42年創業以来、100年余り地域住民に愛された銭湯《荒屋鉱泉》空き家を再活用し、少子高齢化が進むこの町の地域活性化に繋げたい!

そのための耐震改修、リノベーションプロジェクトを立ち上げます!

富山県射水市にある旧荒屋鉱泉は明治42年創業以来、100年余り地域住民に愛された銭湯でした。

建物の設備の老朽化などが原因で2015年に閉業してしまいました。

旧荒屋鉱泉を耐震改修し、再活用させることがこのプロジェクトの目的です。

Painted by Osamu Takahashi
YouTube

荒屋鉱泉耐震改修プロジェクトNo.0

荒屋鉱泉耐震改修プロジェクトNo.1

荒屋鉱泉耐震改修プロジェクトNo.2

東京理科大学 工学部建築学科 高橋研究室
金森藤平商事

メディア掲載
研究室紹介

高橋研究室は、2015年4月に発足した建築構造分野を主な研究分野とした研究室です。

「構造技術で社会をデザインする」
「守るべきもののために謙虚な姿勢で挑み続ける」

この2つを目的として研究活動を日々行っております。
近年は、新素材・新技術を用いた防災の研究に関しても注力しております。

研究室メンバー

東京理科大学 工学部 建築学科 高橋治研究室の所属メンバー紹介です。

教授:高橋治

◆東京理科大学 合気道部 顧問
合気道4段 柔道2段 

◆オイルダンパー三次元免震開発者
(株)構造計画研究所:所属当時

◆研究分野
防災・減災・耐震
三次元免震、オイルダンパー、制振・免震装置全般
シェルター、コンテナハウス
新素材(カーボン、アラミド、ポリウレア、αゲルなど)を扱った建築設計・製品開発

◆経歴・実績・受賞歴
こちらをご確認ください。

助教:陳引力

◆取得学位
東京工業大学 博士(学術)

◆研究分野
建築構造

アクセス

共同研究依頼・取材・お問合せは下記まで

〒125-8585
東京都葛飾区新宿6-3-1
東京理科大学 研究棟7F

Tel: (直通) 03-5876-1383